2つのファイルの差分を検出する

概要

横並びで表示した2つのファイル(静止画、書類)の修正前後の差分を自動で検出し、差分がある箇所を指定した色で表示します。

利用条件

プラン

STANDARD ENTERPRISE

オプション

差分検出機能オプション 料金については、お問い合わせください。

権限

すべての権限

手順

  1. 2つのファイルを横並び表示する
  2. 差分検出ボタンをクリックする
  3. 差分箇所の精度と色を選択し、[検出開始]をクリックする
  4. [閉じる]をクリックする

  1. 2つのファイルを横並び表示する

    「レビュー」画面で、差分検出対象の2つのファイルを横並びで表示します。

    2つのファイルを横並び表示する

  2. [差分検出]ボタンをクリックする

    [差分検出]ボタンをクリックします。検出が始まると検出のアニメーションと進捗率が表示されます。

    プロジェクト名をクリックする

  3. 差分箇所の精度と色を選択し、[検出開始]をクリックする

    差分箇所の精度と色を選択し、[検出開始]をクリックします。

      ヒント

    • ファイル形式が静止画の場合は、精度の選択はできません。
    • ファイル形式が書類の場合のみ、差分検出の精度に関して『精度優先』か『速度優先』を選択します。
      『精度優先』
      A4サイズの場合、1ページあたりの所要時間は約 3 〜 5 秒です。アンチエイリアスなどを除き、本来のデータとしての差分のみを検出します。
      『速度優先』
      A4サイズの場合、1ページあたりの所要時間は約 1 〜 3 秒です。アンチエイリアスなど、意図しない軽微な差分を検出する場合があります。

      注意

    ご利用の Web ブラウザが Internet Explorer 11 及び 最新バージョン以前の Microsoft Edgeの場合は、『精度優先』モードは利用できません。

    差分箇所の精度と色を選択し、[検出開始]をクリックする

  4. [閉じる]をクリックする

    検出が終わると、「差分検出完了」画面が表示されますので、[閉じる]をクリックします。

      ヒント

    差分箇所は指定した色で表示されます。画面上部の [差分の表示 / 非表示] ボタンをクリックすると、差分箇所の表示/非表示を切替できます。

    [閉じる]をクリックする

    指定した色で差分が表示されます。

    指定した色で差分が表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています