校正記号で問題点を指摘する

概要

文字列や文字間に校正記号を使用して、問題点を指摘します。

注意

  • 本機能が対応しているファイル形式は、PDF です。
  • 校正支援機能オプション の契約前にアップロードしたファイルは、本機能が適用されません。

利用条件

プラン

STANDARD ENTERPRISE

オプション

校正支援機能オプション
料金については、お問い合わせください。

権限

すべて

手順

  • プロジェクト名をクリックする
  • サムネイルをクリックする
  • [文字選択]ツールを選択する
  • 『校正記号』を選択する
  • [投稿]ボタンをクリックする

  • プロジェクト名をクリックする

    修正を指示したいアイテムがあるプロジェクト名をクリックし、「アイテム一覧」画面を表示します。

    ________________.png

  • サムネイルをクリックする

    目的のアイテムのサムネイムをクリックし、「レビュー」画面を表示させます。

    ____________.png

  • [文字選択]ツールを選択する

    画面左側のツール群から、[文字選択]ツールを選択します。

    _________________.png

  • 『校正記号』を選択する

    修正したい文字列を選択すると、『校正記号(修正/トル/ルビ)』がポップアップ表示されるので、使用する校正記号を選択します。

    ヒント

    • 文字と文字の間を選択すると、別の『校正記号(挿入/改行/次行へ/前行へ)』がポップアップ表示されます。

    _________.png

  • [投稿]ボタンをクリックする

    校正記号を描画した箇所にコメントを入れ、[投稿]ボタンをクリックすると完了です。

    ヒント

    • コメント欄には、選択した校正記号のラベルが自動的に表示されます。
    • さらに追加でラベルを設定すると、コンテンツ上にも表示されるため、内容が伝わりやすくなります。

    _______________.png

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています