ガントチャートとは、横軸に日時、縦軸に作業内容や担当者を配置し、工程やタスク毎に作業開始日、作業完了日を帯状のグラフに表したもの。プロジェクトの進捗管理に力を発揮します。

ガントチャートを使う一番のメリットは、プロジェクトの作業計画を視覚的に表現でき、計画全体の「見える化」ができる点。
ガントチャートを見れば現在どの段階にあって、どんなスケジュールで進んでいるのかが一目でわかります。そのため、自分の手から離れたプロジェクトのリリース予定日や、まだ自分の手元に来ていないプロジェクトがどのように進んできているかなどを簡単に把握でき、次のアクションへの準備にもつなげられます。

また、プロジェクトが計画通りに進まなかった際は、無理なスケジュールを立てている、一部メンバーに遅れが出やすいなど、問題の発見につなげることも可能です。

__________.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています