概要

Slackと連携し、Brushup 上でコメントが投稿された時に Slackにも投稿されるようにします。

利用条件

プラン

ENTRY LIGHT STANDARD ENTERPRISE

オプション

なし

権限

《オーナー》

手順

  • Slackのサイドメニューの『App』を選択する
  • Brushup アプリの[追加]ボタンをクリックする
  • [Slackに追加]ボタンをクリックする
  • [許可する]ボタンをクリックする
  • アカウント情報を入力し、[送信]ボタンをクリックする
  • 『Slack連携ページに移動』ボタンをクリックする
  • 『Slackと連携』にチェックを入れる
  • 『プロジェクトを追加』をクリックする
  • 連携プロジェクトを選択し、[追加]ボタンをクリックする
  • 連携させるSlackチャンネルを選択する
  • [設定を保存]ボタンをクリックする
  • Slackのサイドメニューの『App』を選択する

    Slackのページで、サイドメニュー上部にある『App』を選択します。

    ヒント

    • 『App』が表示されていない場合は、『その他』もしくは『Slackをブラウズする』をクリックして表示されるメニューの中から『App』を選択してください。

    __________APP______.png

  • Brushup アプリの[追加]ボタンをクリックする

    ページ上部にある検索Boxに「Brushup」と入力するとBrushup アプリが表示されますので、[追加]ボタンをクリックします。

    Brushup_____________________.png

  • [Slackに追加]ボタンをクリックする

    Slack app directoryページが表示されますので、ページ左側にある[Slackに追加]ボタンをクリックします。

    _Slack_______________.png

  • [許可する]ボタンをクリックする

    ワークスペースにアクセスする権限をリクエストされるので、[許可する]ボタンをクリックします。

    ヒント

    • 画面右上のプルダウンからSlackに紐づけるワークスペースの切り替えができます。

    _________________.png

  • アカウント情報を入力し、[送信]ボタンをクリックする

    連携のためのリダイレクトページへ移動するので、企業コードと《オーナー》のアカウントID、パスワードを入力し、[送信]ボタンをクリックします。

    ヒント

    • 企業コードの確認方法は、以下のページを参照ください。
      • 企業コードとは何ですか?

    ___________________________.png

  • 『Slack連携ページに移動』ボタンをクリックする

    アカウントの認証に問題がなければ、Slackとの連携に成功したという画面が表示されます。『Slack連携ページに移動」ボタンをクリックすると、Brushup に移動します。

    _Slack______________________.png

  • 『Slackと連携』にチェックを入れる

    設定画面内の『Slackと連携』にチェックを入れると、詳細入力が下に表示されます。

    _Slack_____________.png

  • 『プロジェクトを追加』をクリックする

    『プロジェクトを追加』をクリックします。

    ____________________.png

  • 連携プロジェクトを選択し、[追加]ボタンをクリックする

    プロジェクト一覧が表示されますので、連携したいプロジェクトにチェックを入れ、[追加]ボタンをクリックします。

    ヒント

    • プロジェクトを複数選択することで、ひとつのSlackのチャンネルと複数のプロジェクトを連携させることができます。

    ______________________________.png

  • 連携させるSlackチャンネルを選択する

    連携させるSlackチャンネルを選択します。

    ヒント

    • プロジェクトごとに連携させるチャンネルを分ける場合は、8〜10の作業を繰り返してください。

    _____Slack__________.png

  • [設定を保存]ボタンをクリックする

    [設定を保存]ボタンをクリックすると、指定のプロジェクトに投稿されたコメントが、Slackの指定のチャネルにも投稿されるようになります。

    __________________.png

ヒント

  • SlackのアカウントとBrushup のアカウントを紐づけることで、Brushup のコメントで宛先を指定するとSlackのコメントの宛先にも指定(メンション)されるようになります。紐づけの方法は、以下のページをご参照ください。
この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています